詐欺業者の情報はおまかせ下さい!   サギケン注意喚起

Amazonギフト券 詐欺

サギケンは他の詐欺情報サイトにはないコンテンツでいっぱいです!

他サイトとの違い

☆全国のユーザー様からの情報提供の量。

 サギケンも3年目になりました!

☆情報提供の速さ。/

☆調査検証の速さ。

☆誰でも情報提供ができる

☆ユーザー同士でコミュニティを作ることができる

等サギケン独自のものが多数多く御座います。是非ご活用下さいませ。

詐欺業者調査動画を公開!
みんなの掲示板リニューアル!
さぎけんみんなの掲示板リニューアル
【重要】必ずご確認下さい。
【重要】必ずご確認下さい! サギケン注意喚起

NHKから情報提供の要請がありましたのでサギケンの架空請求情報を提供いたしました。 ※2017年06月15日のニュースで紹介されています。

サギケンNHK情報提供

『Amazonギフト券 詐欺』

『Amazonギフト券 詐欺』とタイトルで書きましたが、ギフト券詐欺で一般の人が連想するのは偽物とか、昔のプリペイドカードの偽造みたいな物を連想したりしませんか?

Amazonギフト券 詐欺

しかし!?ここで今回紹介するのはそんなものではありません!

実はここ最近 詐欺師 (詐欺業者) が 金銭 を 搾取 する 方法 として Amazonギフト券 を 悪用 する 方法 が 主流 になってきました。

 では、どの様に 悪用 するかというと・・・・と、その前に今までの 詐欺師 の お金 の 搾取 の 仕方 を ご紹介 します。

昔の 金銭搾取 の 方法

かなり昔、それこそ 特殊詐欺 とか オレオレ詐欺 が 定着 する前は当たり前のように 銀行振り込み や 手渡し ・ 現金書留 等、それこそ 一般の方 が 現金 を送る 手法 を 詐欺師 も 当たり前 の様に使っていました。

 しかしみなさんもご存じのとおり 『オレオレ詐欺』 『母さん助けて詐欺』 が世間一般 に 認知 される様になり 警察 も 本腰 をあげてくるようになると 銀行機関 も 要請 がいき 口座開設 の 基準 (審査) が 厳しく なっていきました。

 自身 で 口座開設 が出来ない(足が付く リスク 等の 理由 )で 詐欺師 が次に考えたのが 『名義貸し』 と呼ばれるものです。

  名義貸し それは 詐欺師 からすると 一粒 で 2度 おいしい という メリット がありました。まず足が付きにくい!という事と、余程の 金融履歴 (ブラック) でない限りは 口座 が 簡単 に作れるという事です。

 後々は 所在地 が バーチャルオフィス ・ 私設私書箱 の 住所 を 使用 するという事も出来なくなっていきますが、 昔は できていました。しかしその 手法 も 警察当局 の 指導 ・ 法改正等 により 詐欺師 が 銀行口座 を 使用 するということ 自体 が 年々減って いきました。

そしてその後の 金銭搾取法 は・・・ 進化 するというか 退化 !? なんと 宅急便 で 現金自体 を送ってしまうという事です。

現金を宅急便で送る!?

そうです!なんとそのまま 現金 を送ってしまうという事です。

 『そんなの送るバカはいないでしょ!』なんて言っている方はもしかしたら 将来 詐欺師 に 騙される 可能性 があるかもしれませんね。

 宅急便 で 現金 を送って しまった方ほぼすべての方が 共通 ですが、『怪しいと思ったんだけど・・・』と口をそろえて言います。 類似 の 現金送付方法 で言えば 『レターパック』 と呼ばれるものです。

 この レターパック に 関しては 以前 は エクスパック という 名称 でした。レターパック を使った方であれば 必ず 目にしたことがある と思いますが中に入れるときに 赤文字 で 何か かれていますよね!?

 『 現金 を 送る ことはできません。 詐欺等 に ご注意 ください。』と ご丁寧に 書かれて いますよね。それでも 現金 を 入れて 送って しまう方がいるんですよ!これを見ても『そんなの引っかかるのは 高齢者 とかでしょ?』とか思う人がいるかもしれません。

 しかし 筆者 が調べた 結果 はそうではありませんでした。確かに昔から 詐欺 の ターゲット にされるのは 高齢者 なのですが 近年 は 意外 に 若い方 が 引っかかる 傾向 です。ここでは 長く なるので 一例 を 挙げる に 留め ますが引っかかる 理由 はいくらでもあります。

『サギケン』レターパック
例1 宛先を実在しない法律事務所の名前を書かせる。

これはどういう事かというと架空請求詐欺でよく用いられたやり方ですが『相手と裁判になっているので弁護士の先生が裏で示談をし裁判にならないように手を回します』という理由であえて証拠の残らないように現金を送る必要があると言い、カモからお金を巻き上げるという手法です。

 レターパックに書かれている『現金を送ることはできません。詐欺等にご注意ください。』という文面を逆手に取ったやり方です。

 人間は確かに疑ったり考えたりはしますがそれはすべて自身の頭の中だけの知識ですので裏を返せば納得できるだけの理由があれば騙されてしまうものなのです。これは高齢者だけの問題ではありません。

 今この時代は誰でも簡単にインターネットにアクセスでき簡単に情報を入手できます。ここであえて筆者は『チョット待った!』と言います。その情報大丈夫ですか?変な掲示板・書き込み・何とか袋とかの情報ではないですか?この質問を色々な方に聞いたときはまさに鳩が豆鉄砲を食ったよう』

『サギケン』鳩が豆鉄砲を喰らう

という感じですね。

よく考えてください!どこの誰が書いたか分からないものをそのまま信用するのですか?鵜呑みにするのは危険すぎます。

 実際に詐欺師が書き込んだ書き込みを筆者も相当数見ています。それこそ〇〇〇マスターなんて称号の詐欺師コメントもあったぐらいです。

 信用するなとまでは言いませんがあくまで参考程度、それこそ、そういう事もあるのかな?程度で良いと思います。

 一番重要なのは書いた本人が責任を負えるのか?に尽きるのでないでしょうか?話がそれましたがここで筆者が言いたいことはそれだけ詐欺師はありとあらゆる場所に罠を張っているという事です。

 そしてある意味心理学を熟知しています。そして誘導が極めて上手いと言えます。

本題に戻りますが現金送付の続きです。

宅急便・レターパックの現金送付もやはり限界がきます。郵便局も宅配業者も被害の数が増え、警察からの指導及び要請により対策を打ちました。

 それはX線検査です。まさに空港で行っているような作業ですね。これにより明らかに札束だろうと思うものは詐欺師の手に渡る前に食い止めることが出来るようになりました。

 ん?という事は送付先の詐欺業者は逮捕されたのか?と思う人がいるかもしれないのでここでも説明を入れておきます。

 確かに詐欺師本人の住所を書いたりしていたらもちろん逮捕ですが、そこは詐欺師、抜かりはありません。

 前述に近いですがもちろん送付先も足が付かないようにしています。実在しない人間の偽造免許者で借りた私設私書箱・レンタルオフィス等を使い更にそこからバイク便等を使い転送させます。

 用心深い詐欺師になると4回ぐらい転送させる場合もあります。筆者も過去追跡したことはあります。

 ちょっと前まではGPSを使えば詐欺師の居所はある程度までは絞れましたが、最近では警戒しているのか、途中で気づかれます。なんせ手が込んでいるのは間違いないですね。最近まではこの方法が主流でした。

次に登場したのがコンビニ払い!Vプリカ・ビットキャッシュ等がこれに当てはまります。

みなさん見たことありませんか全国のコンビニの入り口近く(コピー複合機の近くによくある)機械を、これを使って金銭を搾取します。

 ここでも足が付かないように行動を起こしていますが、簡単にいうと指定の番号を入れて手続きを進めて行くと機械からバーコード付きの長いレシートが出て来ます。

 これを持ってレジに持っていけば支払いが出来るという流れです。後は店員さんがバーコードを読み取ってお金を払えば搾取完了という感じですかね。後日現金化すれば完全に終了です。実はこの手口が今回の記事に繋がる手口になったものです。

ここから今回のメイン記事!Amazonギフト券詐欺の手口!公開(悪用厳禁)

サギケンAmazonギフト券詐欺画像

※上記の大量にあるAmazonギフト券は被害に遭った方のご協力の元当サイトで撮影しました!
※無断転用禁止

なぜ今回、筆者がこの記事を書こうかと思ったかというと、変な正義感とかではなくただ単純に『あ、これはヤバいな!』と率直に思ったからです。

 何がヤバいかというと、Amazonギフト券の支払い方法と換金方法にあります。使ったことがある方はご存知だと思いますがまずAmazonギフト券はこれこそ全国どこのコンビニでも買えます。

 この手軽さも被害を後押ししていますが、問題の支払い方法は購入したカードの裏面の銀色の所を削ると番号が出て来ます。で、この番号をAmazonサイトで購入時に入力して商品を買うのが通常の手順です。

 要するに重要なのは記載されている番号のみになります。更に言葉を変えると詐欺師はAmazonギフト券の番号が欲しいという事です。この番号の伝え方も色々ありますが一番間違いがなく確実に番号を知る方法は写メで送らせるという手口です。

 では詐欺師たちは入手した番号でAmazonアカウントを使用し商品を購入を購入し購入した商品を引取屋に渡して現金化するのでしょうか?たしかに手間はかかりますが現金化はできます。

 しかし筆者はAmazonサイトである商品を発見しました。それはAmazonギフト券です。という事はアマゾンギフト券でアマゾンギフト券を購入することが可能なのではないかと考えました。(現時点でまだ検証なし。情報をお持ちの方は下記コメント欄で教えてください!)もし可能なら番号を変更できるので現金化までの時間が稼げます。しかしこれとは別件で調査をした時に得た情報がヒントになりました。

Amazonギフトカードをチケット買取屋で換金しようとした人いませんか?

これは筆者自身も体験しました。

なんと通常の買取業者はAmazonギフト券を買い取ってくれない!?

筆者はとある懸賞で30000円分のAmazonギフト券が当たり、現金化しようと都内の大黒屋に持っていきAmazonギフトカードを出したところ・・・『申し訳ございませんAmazonギフト券は買取を行っていません』と言われた事を思い出しました。

 その時はなんとも思いませんでしたが今回のことで納得です。不正が多く偽造も多いので買取業者は買わないだけだったのです。しかしインターネットでAmazonギフト券買取と検索すれば買取業者が結構出て来ます。

 全てを否定はしませんがこの買取業者本当に大丈夫なのでしょうか?買取業者といえば古物商の申請で誰でも(前科がある人間は一定期間不可)できます。

 という事は知らないふりして詐欺業者から番号を買い取って何事もなかったかのように換金できません?筆者がヤバいなと感じたのはこの一連の流れが容易に想像できたからです。

まとめ

最後は中途半端になってしまいましたが今回の記事はここで区切りたいと思います。
 なお、新情報等が入り次第更新をしますのでこれを見た方・何か情報を知っている方は何でも構いませんので下記コメント欄から情報提供をお願いいたします。
実際に今回紹介した手口に引っかかってしまった被害者の方も匿名で構いませんのでコメントにご協力して頂けたら幸いです。情報が多くなれば警察も動く可能性が出て来ますので、どうか皆様ご協力よろしくお願いいたします。

本記事のご要望ご感想・情報提供はこちらからコメントして下さい。
筆者への応援メッセージもこちらから宜しくお願いします。(*´ω`*)

サギケンコメント画像

 


サギケンに掲載がない詐欺業者の情報提供はこちらからご連絡下さい。

サギケン情報提供

サギケンみんなの掲示板

承認制ではないので、リアルタイムで全国のユーザー同士情報を共有し疑問点をすぐに解決しましょう! 基本自由ですのでお好きにトピックを作成して下さい。 サギケンみんなの掲示板

スポンサーリンク

※要チェック※詐欺師の現金搾取方法!! これを見れば詐欺に遭う確率が減ります。

  ■過去の詐欺師が行っていた金銭搾取方法!
  ■宅急便(ゆうパック等)を使っての現金送付!
  ■レターパックを使っての現金送付!
  ■あなたの常識は通用しない!?
  ■Vプリカ・ビットキャッシュで金銭搾取!
  ■最新の詐欺師が行う金銭搾取法!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    会員登録の未納料金が発生しております。本日中にご連絡がない場合、法的手続きに移行します。Amazon サポートセンター0359065361

  2. teru より:

    まだ詐欺にあった訳ではないですが銀行口座などを送信してしまいました。
    暗証番号は送信してませんが暗証番号が分からないと銀行からお金は下ろせないですよね?

  3. しろがね より:

    昨日、Amazonギフト券現金化詐欺に合いました。
    サイト名:アマチェンジ
    電話番号:03-6635-7715
    メールアドレス:support@amachange.info
    メール及び電話口対応:オノ

    現金化、97%という触れ込みのHPにまんまと引っかかり5万円分を換金依頼。
    換金の流れを問い合わせる為、電話すると「お電話ありがとうございます。」とは言うものの屋号は告げない。

    初日はギフト券送付が間に合わず、翌日に持ち越しました。
    翌朝、ギフト券を送付するも待てど暮らせど振込はされず何度も問い合わせました。
    3日目、前日に振込予約されていたらしく朝一で入金確認。
    振込金額7500円

    慌てて電話問い合わせをすると、利用規約をもう一度よく読めとの事。
    規約を読み返すと、キャンペーン適用は10枚以上のギフト券を送付した場合に限り、尚且つその中から1番低い金額のギフト券にのみ適用される……と。。
    その他の買取金額は額面の25%にて買取ると。。。
    即、消費者センターに電話相談しましたが
    担当の方にアマチェンジに問い合せて貰った結果「違法性は限りなく高い、アマチェンジ側も最初から詐欺を行うつもりだったのか私『担当者』の話をまともに聞かず『調べて連絡する』とは言ったものの電話番号も聞かずに切った。」との事。
    消費者センターは法律に従わないものには手段があるけど最初から詐欺を行おうとしてる無法者には強制力を持たない…と。
    警察に行っても動いてもらえるかは分からないし返金の希望も薄いが、今後、発生し得る被害を無くす為に相談に行くのもいいんじゃないか?
    と、言われました。

    正直、疲れ果ているので警察に行こうか迷っています。
    確かに規約を読まなかった私が1番悪いのですが…
    規約の端っこに書いてあるような事まで把握しろとか無理難題言われても。。
    結局、相手は「規約を読め」の一点張りだし。
    こういうのって、「錯誤による契約」?だっけ
    それに当たると思うのだけど。。
    それも、何だか まやかしに思えてしまってます。
    『アマチェンジ』
    危ないです。
    止めてください。

  4. 匿名 より:

    09035164879 手形詐欺師
    業者ですが仕事を安く請け負います
    注意して下さい

  5. 匿名 より:

    03-6890-3491 Jストリーム/エクストラからのSMSによるコンテンツ請求は架空請求。
    支払いはAmazonギフト券での支払いを言われる。坂本・畠山との名前。事務所は渋谷区
    本町3-47とのこと。

  6. shintarou より:

    俺も騙された。すぐに詐欺だとおもい、アマゾンに電話してアカウントとって未然にふせげたよ。みなさん気をつけてね。

  7. 匿名 より:

    昨日紛争解決系の架空請求詐欺のメール来ました
    ヒマだったから1日そいつを相手に遊んでた
    どこのサイトの利用料なのか言わないし支払いがAmazonギフト券とか
    どう考えてもおかしいだろ

    事を荒立てて訴訟起こして下さい
    訴状はちゃんと送ってね
    って言ったら返事来なくなった
    つまらん

  8. ヒューマンヤス様 より:

    女性の画像と連絡先交換可能にするためになら、クレジットカードが必要になるとか、また投資されなかったら、どちらも化けメになるとか言うパターンらしいから、どうかなってイライラして早く連絡先交換して会いたいんだけどな!助けてよ

  9. ペコ より:

    金額の返金はありましたか?

  10. ペコ より:

    副業サイト詐欺でアマゾンカードを利用してポイント購入させるという手口です。初めは一番低い金額、徐々に額が増えて行くわけです。アマゾンカードを利用したことなかった自分はまんまと悪質な手口に。払えない額になった時に知人に相談に行くと騙されてるよと指摘されました。

  11. 匿名 より:

    昨日、Amazon券の詐欺に遭遇しました。
    メールのタイトルが重要なお知らせ送信元が電子消費者保護局(メールアドレスがSoftBankなんだけど、送られてくるメールアドレスの@前がころころ変わっている)についてメールでのやりとりと、Amazon券で一万円分を買ってAmazon券の番号を指定のメールアドレスに写メして下さいというメールが送られてきました。こういう詐欺を知らずに一万から二万円分、六万円分と徐々に上がって六万の払いをするとこまで行ってしまい、16万払えば全ての手続きが終了するといった感じのメールを送られてきました。

    ここまで来たとこで、ようやく詐欺にあってるという実感が出ました。
    最近の詐欺は本当に怖いですね、最初にメールを送られてきた時間が深夜の0時に来て疲れがピークになって寝ようとしたときに詐欺罪で訴えられますよ、補償金を払えば私が全額免除します。といったメールにまんまと揺り動かされました。
    一昨日から昨日にかけての一連だったのでまだ記憶が鮮明な内に情報提供します。この記事を読まなかったらAmazon券での詐欺に気づきませんでした。

  12. hanalove より:

    返せといっても返ってこないでしょうね。返せという前に、各県にある消費者センターに相談して、警察にも、被害届けを出して下さい。

  13. 匿名 より:

    今債権収納委託 末原にアマゾンギフト券で騙された最初は五千、次一万、そのまた次一万計二万五千円。返せ。

コメントをどうぞ


『サギケン』メール問い合わせ画像広告