詐欺被害 | 詐欺の手口は年々巧妙になってきており、Amazonギフト券、レターパック・宅急便で現金を送ったり、コンビニで決済をしたり、お金を搾取する方法が巧みになってきています。サギケンでは最新の手口を公開していきます。

詐欺検証まとめサイト『サギケン』

サギケン注意喚起

架空請求詐欺

0345303697 / 03-4530-3697 民事訴訟管理センター 架空請求ハガキ

投稿日:

個人情報の流出は止まることはない。

個人情報は、当然のことながら勝手に止まることはありません。「過去に個人情報が流出したかもしれないが、その後に詐欺師から接触されたことはないので大丈夫なのではないか」と考えている方もいらっしゃるかと思いますが、実際には今はその個人情報を利用しようとする詐欺師が表れていないだけで、今後、悪用しようとする詐欺師が出てきてもおかしくありません。事実、「10年前に個人情報が流出したと感じた事があり、その後は何も起こらなかったのに、最近になって、家にハガキなどが届くようになった」という方もいらっしゃいました。詐欺師からの接触がないという方も、現在は水面下で個人情報は流れて続けていると思って常に注意をはらっておかなければなりません。

家族も詐欺にあう危険性がある

先ほど5年前の架空請求の体験談をご紹介しましたが、ご本人宛ではなく父親の名前宛で実家に封書が届くという事は、詐欺師は、家族全体の個人情報を入手していることになります。言い換えれば、当人の気付かないところでご家族が詐欺被害に遭う可能性があるという事です。高齢者の個人情報は、高齢者を狙った振り込め詐欺やオレオレ詐欺などにも使われる危険性があります。ご自身の情報だけであれば、自分自身の自己責任で済む話ですが、家族全体の情報となれば話が変わってきます。家族の情報が詐欺師に出回ってしまったとわかった時には、家族会議を開いてでも、詐欺に関しての認識を共有したほうが良いでしょう。

まとめ

ここまでの文章で伝えたかったことは、架空請求詐欺に関する正しい情報と危機管理を持ち行動する必要があるという事なのです。「メールの内容が気になったから」、「相手に文句を言いたくなった」、「初めてのことで気が動転して電話した」という理由で、いきなり詐欺師に電話をするようでは相手の思うつぼです。せっかくここまでお読みいただいたのですから、ぜひとも冷静に対処できるようになっていただきたいと願っています。

再度確認させていただきますが・・・

ここまでをお読みになって、それでもまだ「電話番号を知られてしまっても無視しておけば大丈夫」とお考えでしょうか。そうお考えの方でしたら、もうこちらからお伝えすることはありませんのでこのページを閉じてもらって構いません。詐欺師にお金を支払う可能性はないのですからこの後の項目に目を通す必要ありません。

逆に、今後の詐欺被害を心配されている方のために、下記に追加情報を記載させていただきました。ぜひ今後の参考にしてください。

メールでのお問い合わせはこちら

『サギケン』メール問い合わせ画像広告

次のページへ >

-架空請求詐欺
-, ,

Copyright© 詐欺検証まとめサイト『サギケン』 , 2018 All Rights Reserved.